どんなものを選んだらいいの?犬の洋服を選ぶ時の心得とは

サイズの上手な測り方について

愛犬にぴったりの洋服を選ぶためには、サイズを適切に測ることが大切です。首回りは、首の付け根の部分、つまり首輪を付ける部分を測ります。この時、ストレスにならないように余裕を持たせて計測しましょう。胴回りは前脚付け根部分を中心にして1周分測りますが、最も太くなっている部分を測るのがポイントです。また、背丈を測る時は、自然体のポーズに立たせて、首輪の部分から尾の付け根までの長さを測ります。犬のサイズを測るコツは、どの部分も指で2本程度の余裕を持って、あまりきつくなり過ぎないようにすることです。

犬の洋服はデザインなどでも微妙に異なる

ペット用の洋服は、首回りや胴回りなどに数センチ程度の余裕が入ることもありますし、縫製の仕方やデザインによってはサイズまで微妙に違ってくる可能性があります。また、サイズ表もペット服のメーカーによっても異なります。特に洋服選びの際に一番大切なのは、胴回りの寸法。愛犬の毛量や質によっても違ってきますし、トリミングをした前後でも変わってきます。緩すぎたりすると、前脚が抜けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

布が持つ伸縮性にも配慮

犬の洋服に適切なゆとりを持たせるためには、洋服の素材に使われている布がどの程度伸縮性のあるものなのかを見極めることも大切です。特に首回り、胴回りはこの伸縮性が求められる部分なので、できれば実際に触って確かめてみると無難ですよ。また、着丈は見た目に関して大きく異なってくる部分なので、注意が必要です。お尻の部分が大きい犬種、尻尾の大きな犬種の場合、特に洋服のめくれが気になる原因になりますので、着丈があまり長くなりすぎないようにしましょう。

服を着たワンちゃん、かわいいですよね。ペットショップくらいでしか買えなかった犬の洋服ですが、最近では通販、オークション、100均など色々な所で手に入るようになりました。