育児って大変なのは私だけ?!子育て鬱にならないための方法

育児・家事・仕事全てを完璧にしないを心がけよう

女性は結婚や出産、育児などライフスタイルが男性よりも変わっていきます。そのなかで、育児と仕事を両立している人も最近では少なくないでしょう。子育てをしながら他の事も完璧にこなそうとすると疲れてしまうのではないでしょうか?育児が大変だと感じているのは自分だけかもしれないと考えてしまいがちです。そんな時は自分も子供に合わせて育児以外はしない日も作ってはどうでしょう。すべてを放棄するのではありません。ただ少し手を休ませるだけでいいのです。せっせと部屋のかたずけをしたり、洋服を畳んだりすることを時々お休みするだけでも今までと違った気持ちになれるのではないでしょうか。

子育ての公共機関をうまく使おう

市で行っている子育て支援の公共施設を知っているでしょうか?子育て中の方が集まる場所であり、子供たちが遊ぶ施設でもあります。一日中子供達と自分だけで過ごしている方は、ぜひ子育ての支援施設を利用してみましょう。同じ境遇で子育てに悩んでいる多くの方が利用しています。支援センターなどでは専属の保母さんやボランティアの方々もいたりして、子供たちと遊んだりしてくれます。親子行事なども催されているときもあるため、どんな行事があるかなどまずは聞いてみましょう。

たまには自分の時間をつくろう

子供を産んでから忙しくて自分の時間が持てないと考えることもあると思います。最近は核家族化が多く、ひと昔前のように祖父母に頼れないことも多いのです。仕事をしていないと保育園には入れられないし、どこへいくにも子供と一緒では少し疲れてしまいますね?そんな時は、ファミリーサポーターや保育園の一時預かりなどを利用することも一つの手段です。美容室へゆっくり行きたい、買い物に行きたいなど数時間ですが事前に予約することで一人の時間を設けることができます。市のホームページでも掲載されているので、色々利用しながら楽しく子育てしましょう。

幼児はお母さんのまねごとが大好きです。お料理する姿などは興味津々です。木のおもちゃのままごと道具は、そういったまねごとを楽しみながらできます。幼児はまねることで、生きる知恵を付けています。