しっかりと知っておこう!機械式時計の故障の前兆とその原因

機械式時計の故障の前兆とは…?

高級品である機械式時計。できれば末永く綺麗に使い続けたいものですが、精密機械であるがゆえにどこかで故障が生じることは覚悟しておかなければなりません。機械式時計にはいきなり止まってしまうよりも前の段階で、故障の前兆が見られる場合がいくつかあります。特に多い前兆症状が、「日々の時間のズレが一定でない」というものです。機械式時計は正しく使用していれば、必ず毎日決まった秒数だけ時間がずれますが、このずれが一定でなかった場合は故障が起きかかっている可能性があります。

機械式時計は使わないだけでも壊れてしまう!?

高級品であるがゆえ、もしくは日々のメンテナンスに自信が無い人などは、機械式時計を使用せずに観賞用として飾ってしまうことがあります。しかしこの場合、適切な処置を施しておかなければ、逆に機械式時計を故障させてしまう原因になりかねません。その理由は潤滑油の凝固です。機械式時計の各部品には潤滑油が塗布されていますが、これはある一定期間仕様し続けて部品に行き渡らせることで故障を防止する効果があります。機械式時計を使わずに凝固させてしまうと、今度は逆に故障の原因となってしまうのです。

機械式時計の故障の原因で最も多いのは…

機械式時計が故障した原因で最も多いものは、意外にも『浸水』です。昨今は完全防水や100気圧対応といったものでないにしても、生活防水程度は対応しているモデルが大半です。そのようなものであっても、ゼンマイ巻きの際に立ち上げたリューズをしまい忘れ、ついつい時計を装着したままで水回りに立ってしまって浸水させるといったケースが多いのです。防水モデルの落とし穴とも呼べる故障の原因行動ですが、案外多くの人がこの失敗を繰り返しているので、しっかりと気をつけるようにしておきましょう。

グランドセイコーは、日本の時計メーカーのセイコー社の高級ブランドです。部品の生産から組み立てまで一貫して国内でしています。